プラムの種の誤飲による窒息死

死亡事故

発生日時2013年6月27日
年齢7歳(特別支援学級2年)
性別男児
原因対象物プラムの種(直径約1.5cm、果肉が残った状態、
プラムの直径は約4cm)
発生環境教室の給食
死亡までの時間約1時間
死因窒息死
施設名札幌市立南小学校
所在地北海道札幌市南区

2013年6月27日、札幌市南区の札幌市立南小学校で、2年の男子児童(7歳)が給食で出されたプラムの種を喉(のど)に詰まらせて死亡するという痛ましい事故があった。教室には当時、この男児を含む特別支援学級の児童4人と、担任の30代の男性教諭と20代の女性教諭の計6人がいて、机を寄せて給食を食べていた。たけのこご飯や豚肉の竜田揚げといっしょに、このプラムが出されていた。種を食べようとした男児に女性教諭が「種は出すんだよ」と声をかけたが、間に合わなかった。果肉が残った状態の種(直径約1.5cm)をのどに詰まらせた。教師たちが、掃除機などを使って種を取ろうとしたが、取り出せなかった。119番で駆けつけた救急隊員が吸引機で取り出した。救急隊が到着した時には、男子児童はすでに意識も呼吸もなかった。男児は意識不明の状態で病院に搬送されたが、死亡が確認された。死因は窒息死だった。

菊池ら. 2013年6月27日に起きた窒息死亡事故を発端に、現代の咀嚼事情を解く. 山形県小児保健会. 小児保健に関する委託研究. 平成25年度 (2013)
報道記事

給食を喉に詰まらせ死亡 札幌の小2男児 – MSN産経ニュース

小学生 のどに給食詰まらせ死亡 札幌 NHKニュース

給食を喉に詰まらせ小学2年生死亡 北海道札幌市 – テレ朝news

中日新聞:小2男児、給食喉に詰まらせ死亡 プラムを丸のみか:社会(CHUNICHI Web)

2年男児、給食で出たプラムの種をノドに…死亡 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

FNNニュース: 給食のプラムの種をのどに詰まらせ小2男児死亡 札幌市南区

「給食に出た果物の種をのどに詰まらせ男児死亡」 News i – TBSの動画ニュースサイト

小2男児、給食喉に詰まらせ死亡 プラムを丸のみか – 47NEWS(よんななニュース)

2013年6月27日北海道:7歳児童死亡 プラムの種|事故案件|事故事例・ニュース|すまいる舎こども救命講習センター