乳児ボツリヌス症の報告事例

日本で報告された乳児ボツリヌス症例

平成29年度感染症危機管理研修会資料「最近のボツリヌス症事例」

国内報告第36例目

発生年月2017年2月
場所東京都足立区
月齢5ヶ月児
性別男児
既往歴等
主訴けいれん、呼吸不全等
現病歴2月16日から、せき、鼻水等の症状を呈していた。
2月20日、けいれん、呼吸不全等の症状を呈し、医療機関に救急搬送
2月21日に別の医療機関へ転院
3月30日午前5時34分に当該患者が死亡

患者は、発症の約1か月前から離乳食として、市販のジュースにはちみつを混ぜたものを飲んでいた。
検査の結果、患者ふん便及び自宅に保管していたはちみつ(開封品)から、ボツリヌス菌を検出した。
3月15日(水曜)、足立区足立保健所は、「離乳食として与えられたはちみつ(推定)」を原因とする食中毒と断定した。

食中毒の発生について|東京都

国内報告第34例目

発生年月2016年6月
場所神奈川県横浜市
月齢4ヶ月児
性別男児
既往歴等特記事項なし
主訴便秘・活気不良
現病歴医療機関を受診, 同日入院
入院後, 全身状態の悪化は認められなかったが,
便秘が遷延し, 啼泣は弱々しく活気不良も持続した。
身体所見入院時, 体温36.9℃, 血圧84/44 mmHg, 心拍数136/分,
呼吸数24/分, SpO286% (RA)
神経学的所見
血液検査所見入院時の血液検査所見では明らかな異常は認められず
尿所見
髄液所見異常なし
頭部MRI・MRA異常なし
超音波検査異常なし
脳波

患者家族への聞き取りなどから, 患者はハチミツの摂食歴はなかった。保健所が, 患者家族が摂食していたハチミツ1検体, 患者が摂食していた乳児用の粉末茶2検体, 環境検体(掃除機内のゴミ, エアコンフィルター)5検体を確保したため, クックドミート培地に接種しボツリヌス菌の分離培養を行ったが, すべて陰性であった。

横浜市で発生した乳児ボツリヌス症について

国内報告第31例目

発生年月2011年10月
場所大阪府堺市
月齢6ヶ月児
性別男児
家族歴神経・筋疾患なし
主訴活気・哺乳不良
現病歴10月28日(第1病日)より排便がなかった。
11月2日(第6病日)より哺乳不良。
11月3日(第7病日)より痰が絡み、啼泣も弱く活気不良
となった。
11月4日(第8病日)哺乳不可能となったため当科を紹介
され同日入院となった。嘔吐は認めず。
身体所見肺音 整・雑音なし、
心音 整・雑音なし、
咽頭 発赤・腫脹なし、
腹部 平坦・軟、
顔色やや不良、
皮膚脱水所見なし、
大泉門膨隆なし
神経学的所見全身の筋緊張低下 定頸なし 眼瞼下垂あり、
深部腱反射:四肢にて消失、
病的反射:なし、
対光反射 左右差ないが、両側で緩慢
血液検査所見血算、生化学一般に異常認めず、
抗Ach受容体抗体:陰性
尿所見糖(-)、蛋白(±)、潜血(-)、ケトン体(3+)
髄液所見正常(水様透明、細胞数3/3 、多核球0、単核球3、
蛋白定量 15 mg/dl 、糖定量 70mg/dl)
頭部MRI皮髄境界明瞭 皮質形成異常なし
心・腹部エコー異常なし
脳波正常睡眠脳波

患児は発症1カ月前より離乳食を開始されていた。ハチミツの摂取はなかったが、母親は患児の症状出現約1週間前より毎朝蜂の巣付きハチミツを喫食していた。当該ハチミツ80gを検査に供したがボツリヌス菌芽胞は検出されず、本症例の感染源は特定できなかった。

大阪府で発生した国内31例目の乳児ボツリヌス症例

国内報告第19例目

発生年月2005年7月
場所愛知県岡崎市
月齢9ヶ月
性別女児
主訴眼瞼下垂、活気不良、経口摂取低下、便秘
テンシロンテスト陽性

家族歴・既往歴に特記すべきことなし。ハチミツを摂取したことはない。病前の精神運動発達は正常で、伝い歩きまで可能であった。

岡崎市保健所で家庭のハチミツとチーズを検査したがボツリヌス菌は分離されず、本症例の感染経路は不明である。

乳児ボツリヌス症の1例

国内報告第17例目(広島県第1例目)

発生年月1999年3月
場所広島県
月齢7ヶ月児
性別男児
主訴哺乳量の減少、便秘
現病歴眼瞼下垂、筋力低下の進行(全身性)、啼泣微弱、呼吸運動減弱

乳児ボツリヌス症の多くは蜂蜜の摂取が感染源と考えられているが、患児には蜂蜜の摂取歴はなく、ベビーフードやサツマイモに付着していた泥からもボツリヌス菌および毒素遺伝子は検出されず感染源は判明しなかった。そのため、塵(house dust)など環境調査の必要性も示唆された。

毒素遺伝子A・B型保有株による乳児ボツリヌス症の一例-広島県

国内報告第1例目

発生年月1986年5月
場所千葉県
日齢83日児
性別男児
主訴哺乳力の著明な低下、全身の筋力低下

確認診断のため,患児の糞便の培養,毒素検出が行われた。その結果,A型ボツリヌス菌および毒素が検出され,本邦第一例の「乳児ボツリヌス症」が確認された。次いで感染源の検索が行われ,患児に使用されていたハチミツからA型ボツリヌス菌を検出できた。

<国内情報>「乳児ボツリヌス症」の本邦第一例