肌着の有無と衣服内の温湿度

小澤, 御手洗 (2001, 2000) の実験によれば、肌着を着けていたときの方が肌着を着けていなかった時よりも衣服内の湿度は早く低下し、また衣服内の温度は低下しなかった。

関連記事

関連論文

薩本 弥生, 村山 周子, 竹内 正顯. 暑熱環境下の衣服内気候への肌着の吸湿性の効果. 熱物性 21巻, 4号 p. 200-206 (2007)

小澤 七洋, 御手洗 幸子. 現代生活と肌着の快適性―夏を快適に過ごす肌着の開発―. 繊維製品消費科学 42巻, 5号 p. 307-311 (2001)

小澤 七洋, 御手洗 幸子. 肌着のやわらかさが子供の内分泌, 免疫機能に及ぼす影響. 繊維機械学会誌 53巻, 3号 p.93-95. (2000)