アンヒバ坐剤小児用100mg

概要

効能・効果小児科領域における解熱・鎮痛
用量体重1kgあたり1回10〜15mgを直腸内に挿入。
投与間隔は4〜6時間以上。
1日総量として60mg/kgを限度。
1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg。
1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1,500mg。
有効成分アセトアミノフェン
使用期限製造後5年(外箱に表示)

製剤写真

解熱曲線

メモ

小児によく用いられるアセトアミノフェン製剤は坐薬よりも経口薬のほうが血中濃度の立ち上がりが早いことで有名

アセトアミノフェン 経口vs坐薬 – pharmacist’s record

メタアナリシスでは経口投与と直腸投与に有意な差はないという結果

アセトアミノフェン 経口vs坐薬 – pharmacist’s record

アセトアミノフェンは経口投与の方が経直腸投与より血中濃度の立ち上がり速いが、効果でみると大きな差はない

小児の解熱剤、坐薬は本当に速く効くの?:DI Online

インフルエンザに使用できる解熱剤はアセトアミノフェン(アンヒバ坐剤®、アルピニ―坐剤®、カロナール®など)が主体です。

Q57:インフルエンザ脳症はどうしたら予防できますか?|一般社団法人 日本小児神経学会

公的文書

https://www.mylan.co.jp/ja-jp/products/mylan-epd#a_03
添付文書 ( HTML )
患者向医薬品ガイド
医薬品インタビューフォーム
くすりのしおり
医療用医薬品 : アンヒバ (商品詳細情報) – KEGG
アセトアミノフェン | 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

企業文書

アンヒバ坐剤小児用100mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典
アンヒバ坐剤小児用100mgの基本情報(作用・副作用・飲み合わせ・添付文書)【QLifeお薬検索】

ニュース

2017年11月 「アンヒバ®坐剤小児用 50mg/100mg/200mg」出荷調整解除についてのご案内
2017年10月 「アンヒバ®坐剤小児用 50mg/100mg/200mg」の出荷調整の継続について
2017年6月 「アンヒバ®坐剤小児用 50mg/100mg/200mg」 に関するお知らせとお願い
2016年1月 「アンヒバ坐剤」説明書変更のお知らせ

個人記事

アセトアミノフェン(坐):アンヒバ – おくすり110番
アンヒバの体重ごとの使用量と空ける間隔、座薬の保管と使用期限など | 薬局薬剤師がお送りします
【薬の豆知識】いざという時に使う、乳幼児の坐薬。期限や量は大丈夫?|ワーママみやびの生活術

関連記事

アセトアミノフェン製剤を小児科領域の解熱及び鎮痛にご使用いただくにあたって
アセトアミノフェン製剤の小児の適応追加ついて
資料4-3 小児薬物療法検討会議 報告書:アセトアミノフェン (厚生労働省:小児薬物療法検討会議)
4.熱性痙攣の再発予防にジアゼパムと解熱薬の坐剤を併用する時の投与方法 – くすりQ&A – 福岡県薬剤師会

先発品・後発品(ジェネリック)

アセトアミノフェン坐剤小児用 100mg「JG」(旧名アセトアミノフェン坐剤小児用100mg「タナベ」、日本ジェネリック)
アセトアミノフェン坐剤小児用 100mg「TYK」武田薬品工業
アセトアミノフェン坐剤小児用 100mg「日新」(旧名アフロギス坐剤 100、日新製薬)
アルピニー坐剤 100(久光製薬)
アンヒバ坐剤小児用 100mg(マイランEPD)
カロナール坐剤 100(あゆみ製薬)
パラセタ坐剤 100(シオエ製薬)

関連論文

S. Keinänen, et al (1977). Antipyretic therapy. Comparison of rectal and oral paracetamol. European Journal of Clinical Pharmacology volume 12, pages77–80(1977)

Lee Hilary Goldstein, et al (2008). Effectiveness of oral vs rectal acetaminophen: a meta-analysis. Arch Pediatr Adolesc Med. 2008;162(11):1042-1046.

Sedigha Akhavan Karbasi, et al (2010). Comparison of antipyretic effectiveness of equal doses of rectal and oral acetaminophen in children. Jornal de pediatria 86(3):228-232.

黒田ほか (2015). 溶出性・分割性からみた市販アセトアミノフェン坐剤の比較. 医療薬学, 41巻, 10号, p.714-721.

堀 聖一 (2016). 坐剤製剤の薬物放出試験の評価 -品質管理のための物理化学的試験-. 学位論文.